e-POST
お問い合わせ パートナー企業の方へ サイトマップ
ホーム ニュース 製品紹介 サービス・ソリューション 購入する 会社概要 ダウンロード サポート  
       
導入後の製品FAQセレクション
 

「導入後の製品FAQ」セレクション

ここではふだん「サポート2」に収録されている「導入後の製品FAQ」の記事の中から、毎週火曜日に週替わりで3つの記事をランダムにセレクトしてご紹介いたします。E-Postシリーズ製品の機能に対する定番的な質問やより習熟するための使い方だけでなく、製品を取り巻く解決ノウハウの豊富さなどを感じ取っていただければ幸いです。
2024年6月第1火曜日分


メーリングリスト付加表題に全角文字を利用するテクニック


メーリングリストの挿入ヘッダである付加表題に、そのまま全角文字を設定すると、付加表題は、ASCII文字の使用を前提としている部分のため、文字化けして表示されてしまいます。
メーリングリストの付加表題に全角文字を使うには、テクニックを使う必要があります。
弊社では、半角英数字の使用を推奨していますが、下記のような方法を使えば、全角文字でも何とか利用できないわけではありません。
  1. 「メールサーバ構築ガイド」に記述されている「自動応答を設定してみよう」と同じ方法で、付加表題にしたい全角文字を含んだ文字列を変換します。(書籍『E-Post Mail Server 完全ガイド』ではP.124以降)

  2. 同構築ガイドには、件名と本文のそれぞれの変換方法が書かれていますが、件名ではなく、本文の方法をそのまま使って、JISに変換された文字列をそのまま付加表題に貼り付けます。文字コード変換には「サポート2」で公開しているユーティリティの UnicodeConv.exe を使っても可能です。

    (例)付加表題を [情報 000x] としたいとき
            ↓
    [情報 %004d] と記述した文字列を上記の方法などで、いったんJISに変換し、変換した文字列をそのまま貼り付ける(下記画面参照)

(注意1)
自動応答の「件名」のように、先頭部分に "=?iso-2022-jp?" を先頭につけるとうまく行きませんので、「本文」での文字コード変換方法を参考にしてください。

(注意2)
次のFAQに記載されている方法1により、EPSTRSが使用する文字コードを明示してください。
(関連FAQ)
●自動応答メールの文字コードが西ヨーロッパ言語になっていて、メーラで文字化けする



Active Directory連携時でのログインパスワードにダブルクォーテーション(")や円マーク(\)を使用しているときの問題と対応について


Active Directory連携時でのログインパスワードにダブルクォーテーション(")や円マーク(\)の文字を使用しているとき、POP3/IMAP4サービス利用時に該当するログインユーザーは、パスワードを正しく返すことができず、結果として認証エラーとなります。
この問題の原因として、POP3サービス時のUSER命令、IMAP4サービス時のLOGIN命令を受ける際、ダブルクォーテーションが含まれているパスワードの場合に、ダブルクォーテーション(")以降の文字列をいわゆる囲み文字として、削る処理を行うことが原因です。円マーク(\)が含まれているパスワードも同様です。そのため、正常にパスワード取得ができないために認証が失敗する結果になります。

現行バージョンでの運用にあたっては、Active Directory連携時でのログインパスワードにダブルクォーテーション(")や円マーク(\)を禁則文字として扱っていただくようお願いします。
2016年1月12日以降の最新差分アップデートでは、Active Directory連携時でのログインパスワードにダブルクォーテーション(")および円マーク(\)を使用しているときでも、パスワードとして有効に通すことができるように対策が取られました。EPSTPOP3S v4.35 および EPSTIMAP4S v4.50 以降のバージョンならばこの対策が取られています。



ORDBによる制限(ordb.dat)設定


「ORDBによる制限」設定は、SMTPサーバ(厳密にはEPSTRS)への接続時に、接続してきたIPアドレスが、不正中継やSPAMブラックリストとして登録されていないか、データベースに問い合わせる機能で、RBL参照機能に該当します。問い合わせた結果、受信を拒絶するかしないかを決定させることができます。
また、問い合わせるORDBサイト(RBL参照サイト)によって、ブラックリストをどのようにデータベース化しているかどうかの違いが如実に出ますので、それぞれの特性を把握して、問い合せ先を決めるとよいでしょう。

「ORDBによる制限」では、問い合せサイトのサーバ名設定を行うと、EPSTRS(SMTP受信部)への接続時にブラックリストに載っているIPアドレスか否かを問い合わせして、その結果、ブラックとして判断された場合は、接続を制限し受信を拒絶します。その際、接続マシンログ(acceptlog)にabortされた結果と拒絶理由として "It was in the ORDB IP." が記載されます。メール全体量のうち、2〜3割ぐらいはこのORDBによる制限設定により、拒絶されるため、サーバによけいな負荷を高めなくてすみます。

ORDBサイト(RBL参照サイト)は、様々なものがありますので、問い合わせサイトを吟味して設定してください。
E-Post Mail Server・E-Post SMTP Serverシリーズでは、最大5件分まで設定可能です。あまり多すぎても、問い合わせ時間がかかり過ぎ、処理の遅延が発生する元凶となりますので、十分注意してください。現実的には、質のよいサイトであれば1つで十分です。

ORDBサイト(RBL参照サイト)は以下を参考にしてください。ただし、情報が古く、既に停止しているサイトもあることを了承してください。未整理のまま掲載しておきます。

SBL Spamhaus Block List
SPAMCOP SpamCop Blocking List: bl.spamcop.net
RBL.JP 日本独自のブラックリストRBLサービス
DSBLLIST Distributed Sender Boycott List: single-stage relays tested by trusted users
DSBLUNCONFIRMED Distributed Sender Boycott List: single-stage relays, multihop relays and listings by anonymous users
DSBLMULTI Distributed Sender Boycott List: multihop relays tested by trusted users: multihop.dsbl.org
SSFABEL networks (mostly in Asia and South America) that keep sending spam: spamsources.fabel.dk
EXSILIA-PROXIES open proxies (small): proxies.exsilia.net
EXSILIA-SPAM local bl at exsilia.net: spam.exsilia.net
BLARSBL Blars Block List: block.blars.org
LNSG Leadmon.Net's SpamGuard Listings: spamguard.leadmon.net
INTERSIL lists...spammers...who have pestered users at Intersil: blackholes.intersil.net
JIPPG-ABUSE JIPPG's Relay Blackhole List Project
JIPPG-DUL JIPPG's Relay Blackhole List Project
TRIUMF open relays, open formmail.pl and open proxy
PDL Pan-Am Dynamic List
PDLBOFHIT Pan-Am Dynamic List (mirror)
KEMPTBL local bl at kempt.net: kempt.net
ICMFORBIDDEN companies which took ORBS administrator to court: forbidden.icm.edu.pl
NETHERRELAYS hosts that are confirmed open-relays
NETHERUNSURE hosts that can not be tested
KOREA ip-space assigned to KRNIC: korea.services.net
NERD-JP ip-space assigned to Japan: jp.countries.nerd.dk


2024年6月第1火曜日分
 
製品サポート
サポートに関してのご案内
購入前の基本機能に関するFAQ [Win]
購入前の基本機能に関するFAQ [BSD]
導入後の製品FAQ
導入後の製品FAQセレクション weekly update
ユーザー登録
最新差分プログラムの更新情報
サポート2
メールサーバ構築ガイド
不正中継検査
サポート2
メールサーバ構築ガイド
不正中継検査
 
Copyright© E-POST Inc. 2003- 株式会社イー・ポスト